掃海艇ながしま加治木港へ入港

掃海艇ながしま加治木港へ入港

海上自衛隊の掃海艇「ながしま」が加治木港へ入港し一般公開されました。
掃海艇ながしまは「うわじま型」9番艇 MSC-680で排水量490トンとなっており水上捜索や機雷の除去を主な任務としており、震災においては宮城県で行方不明者の捜索を実施していました。
近くでみると任務目的もあって割と小さい船に見えて小回りも利きそうです。
本体塗装をよく見ると木造船である特徴として水平方向に木を合わせた線が無数見えました。
後方甲板には機雷処分具と思われる黄色と白の楕円形器具やクレーンなどが積載していました。
また、受付コーナーでは白い自衛官制服での記念撮影やパンフレットと缶バッチの無料配布もあり子供も大喜びです。

201705250000

掃海艇「ながしま」加治木港入港

201705250001

掃海艇「ながしま」後方から

天候も良く潮風が涼しい中での一般公開でした。

薩摩革工房ミカサレザー 
ミカサレザー

"掃海艇ながしま加治木港へ入港" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: