クラピア植えて10カ月 4月

工房庭の緑化のためにクラピアK5を昨年6月に植えてから10カ月が経ちました。前回3月には休眠していたクラピアが芽吹き始めたとお知らせしていましたが4月に入り一面すっかり緑になりました。活性化して間もないためまだまだ葉の密度にムラがありますが、5月にもなると更に密度が濃ゆくなり「緑の絨毯」が見られることでしょう。クラピア10カ月(4月30日) 見た感じクラピアの状態は下写真の昨年10月頃と同じ様子です。↓クラピア130日(10月14日) クラピアの冬枯れは茶色くなって醜いのでその時期が気になっていましたがまとめると下記のようになりました。1月が冬枯れの頂点時期2月は12月と同じ紅葉状態3月は11月と同じ状態で芽吹き4月は10月と同じ状態で一面緑鹿児島では積雪はほとんどないために冬枯れは1月だけで、建物近くに至っては緑のまま冬を越していました。4月ではすでに気温25度を超す夏日もあったり、新たに定植した箇所への水やりで水も大量に必要でしたので雨水を利用した給水タンクを設置することにしました。給水タンクタンクは300Lの大容量をキープできるイージータンクを設置しました。容量の割には送料無料6,980円ととてもお安く、折りたためて輸送にも設置にも便利なタンクです。砂利の上にコンクリートブロックを8個設置しイージータンクをその上に設置しました。雨水がたまれば自重でびくともしません。また、蛇口の部分はタンク底辺から10センチほど高い位置にあるため、残水によりよほどの風がない限りは動くことはないようです。 …

続きを読む

クラピア植えて9カ月 3月の芽吹き

工房庭の緑化のためにクラピアK5を昨年6月に植えてから9カ月が経ちました。 3月に入ると休眠していたクラピアは芽吹き始め気温も25度の夏日も復活を助けてぐんぐん緑が復活してきました。 クラピア9カ月(3月31日) 芽吹き始めたところでそれをさらに促進するため芝生用目土20Lを2袋入れましたが少し足りない感じがしました。 後日追加で目土を入れる予定です。 少しアップでクラピアを見るとまだまだ隙間が目立ちますが葉の緑が綺麗です。 また、雑草もクラピアの隙間をぬって出できますがそれは大変目立つので引き抜き易いです。 それほど雑草は多くはないですが昨年最も手を焼いたトキワハゼ(常磐爆、Mazus pumilus)があちこちに見られるため、夏に向かってこれ以上増えないように今のうちにほぼ毎日抜き取りしています。 最も日当たりのよい場所はこのように真緑で葉も茂っていますが少し葉が大きいので梅雨前くらいには刈り込みをしてもう少し満になるようにする予定です。 緑が濃く鮮やかで食べ物ではないのですがなんだか美味しそうにも見えます。 こちらは、昨年3月試験的に植えた1年後の今年3月の様子で、1ポットが1年間でどれだけ成長するかが分かるものです。 9センチのポット苗1個が2メートルメジャーをはみ出して2.5メートル程に成長しています。 植えた場所は日当たりは良かったのですが土壌は砂っぽく、徒長する度に挿し目用として切り出したりとあまり恵まれていない環境でもこれだけ大きくなりました。 4月になると早くも緑の…

続きを読む

3月のアオダモ

3月に入り日中は随分と暖かくなってきており、今週末の天気予報によれば22度まで気温上昇するとのことで待ち遠しかった春はすぐそこの様です。 県内の公立高校では卒業式が執り行われ、来週は高校入試の時期です。 昨年は当事者(の親)として心配やら期待やらのこの時期を迎えたものでした。当時の心境が改めて蘇ります。 久しぶりに工房庭に植えた庭木のアオダモの様子です。 昨年アオダモは褐斑病(かっぱんびょう)にやられて夏終わりにはすっかり葉を落とし心配していました。 1.5メートル程の小さな株立ちですが枝先には蕾が大きくなってきており、ほっと一安心でした。 もともと成長の緩やかな木のためか、定植後からその高さは殆ど変わらないままです。  薩摩革工房ミカサレザー  ミカサレザー ミカサレザー楽天市場店ミカサレザーヤフー店

続きを読む