クラピア植えて120日

工房庭の緑化のためにクラピアK5を植えて120日が経ちました。
中央部がほぼ被覆した事と、朝晩の涼しさ日中の気温低下による成長鈍化もあり大きな変化はありませんが、それでもまだ被覆していない外側へと速度を落としながら広がり続けています。
冬のクラピア休眠前準備として一回刈り込みを行い、高さも整ったことで緑の絨毯は綺麗に保たれています。
ところどころ元気のない黄色っぽい箇所や枯れもありますが、その都度の追肥や消毒剤散布で酷くはならずにいるようです。
今年6月から広範囲の定植をし始め、経過面倒と言えば雑草取りが大変な(ほぼ「常盤爆」トキワハゼですが)だけでほとんど手間を取らずにクラピアはぐんぐんと成長してきました。
緑化のためクラピアK5を選びましたが、比較的メンテナンスが楽な点と緑が密で濃ゆく見た目が綺麗な点でクラピアは良い選択だったなと思いました。
クラピア120日(10月4日)201710040000

クラピア90日(9月4日)
一カ月前、このころは日当たりも良く日照時間も長く写真も明るめに写っています。201709040000

芝刈り機をかけて刈り込んだ後のクラピアの切りくずですが、もったいないので今回は定植していない箇所へ移植することといたしました。
今までになくクラピアのランナーが沢山あるため、適当に地面に置いて土をささっとかけてる雑な方法で3ケ所に分けて様子を見てみました。
移植後は乾燥しないように注意し毎朝水を散水し二週間経過、その結果がこちらです。

【移植直後 その1】
クラピアを適当にばさーっと置いて周りの土でランナーの半分ほどを埋めます。201710040001

↓↓↓移植二週間後 その1↓↓↓

見事に根付いてもりもり成長しています。201710040002

【移植直後 その2】
こちらも。201710040003

↓↓↓移植二週間後 その2↓↓↓

こちらも青々と見事に成長しています。201710040004

【移植直後 その3】
こちらも。201710040005
↓↓↓移植二週間後 その3↓↓↓

こちらもしっかり成長しています。201710040006




砂利交じりの土壌で日当たりもいまいちな場所でしたが3ケ所それぞれがしっかりと根付いて成長し始めていました。
さすが土壌を選ばないというセールスポイントが言う通りにクラピアの繁殖力は強いです。
また、今までの経験上分かったことは定植3日目で枯れなければ100パーセント活着することが分かりました。
10月に入り定植には不向きとされる時期に入りかけてきたので冬を迎えるまでにどこまで広がって根付いてくれるか期待します。


【クラピアとは】維持管理を軽減するグランドカバープランツ
「クラピア」とは日本在来のイワダレソウを改良した品種で、
10年の歳月を掛けて宇都宮大学農学部雑草科学研究センターの倉持仁志講師が開発・改良し、
日本で唯一農水省に品種登録がされているイワダレソウです。
特徴
1.土中深くに根を張り、土壌流出防止効果があります。
2.増殖性に優れ、地表を密な被覆するため、雑草の繁殖を抑制します。
3.在来種の多年生植物です。
4.種子は作りません。また、開花期は5~10月です。
5.芝生の様な刈り込み作業が殆んど必要ありません。
6.耐踏圧性に優れ芝代替植物として、運動場などにも利用出来ます。
7.土壌適応性がかなり広く酸性土壌(pH 4.5)~アルカリ土壌(pH9.0)まで植栽可能です。

購入先は栃木の日光種苗さん【スーパーイワダレソウ「クラピア」】です。
ミカサレザーの使用しております革も全て栃木で鞣ししておりますので栃木県には縁を感じます。


天然ヌメ革を国産麻糸でひとつひとつ革職人が心を込めて総手縫いいたします Made in Japan ハンドメイドの ノートカバー ノートパッド 手帳カバー
レザートレイ,レザートレー,デスクマット,受付マット,本革トレイ,ノートカバー,ノートパッド,手帳カバー,スマホケース,iPhoneケース,iPhoneカバー,レザーストラップ,オーダーメイド,本革,レザーアイテム,受付,文具,ステーショナリー,ハンドメイド

この記事へのコメント