3月のアオダモ

3月に入り日中は随分と暖かくなってきており、今週末の天気予報によれば22度まで気温上昇するとのことで待ち遠しかった春はすぐそこの様です。
県内の公立高校では卒業式が執り行われ、来週は高校入試の時期です。
昨年は当事者(の親)として心配やら期待やらのこの時期を迎えたものでした。当時の心境が改めて蘇ります。

久しぶりに工房庭に植えた庭木のアオダモの様子です。
昨年アオダモは褐斑病(かっぱんびょう)にやられて夏終わりにはすっかり葉を落とし心配していました。
1.5メートル程の小さな株立ちですが枝先には蕾が大きくなってきており、ほっと一安心でした。201803010000



もともと成長の緩やかな木のためか、定植後からその高さは殆ど変わらないままです。
 

薩摩革工房ミカサレザー 

この記事へのコメント