九州南部の梅雨明け発表

クラピアの刈り込み梅雨も間もなく開けそうな長時間太陽の見える天気になってきました。すると本日24日正午には九州南部の梅雨明けが発表されました。時折曇りはしますが、しかし青空が広がる時間が増えてきたように思えます。【梅雨明けの桜島】 クラピアは今月始めまで既に7回全体の刈り込みを行っていますがすっかりボサボサになりました。 いよいよ梅雨が明けて晴れ間が多くなってきたので8回目の全体刈り込みを行いました。前回刈り込んでから2週間ほど経過しクラピアは立ち上がり気味で密度も低い個所がかなり増えてきました。また、立ち上がったままクラピアの葉が茂ると蒸れて病気になりそうなので葉の茂り具合に気を付けなければなりません。【刈り込み前全体】植えているクラピアK5は何度も刈り込みをしていますが、まだ無数に花がのこっています。【刈り込み前アップ】今回の刈り込みでとれた徒長部分の葉は45リットル袋3個分となり前回までの刈り込みより3倍以上労力が必要でした。梅雨によってやや黄色に染まる葉が今後の太陽の光で生命力を取り戻し、8月には濃ゆい緑の絨毯になってくれるということを期待しています。【刈り込み後全体】【刈り込み後アップ】【クラピアとは】維持管理を軽減するグランドカバープランツ「クラピア」とは日本在来のイワダレソウを改良した品種で、10年の歳月を掛けて宇都宮大学農学部雑草科学研究センターの倉持仁志講師が開発・改良し、日本で唯一農水省に品種登録がされているイワダレソウです。特徴1.土中深くに根を張り、土壌流出防止効果がありま…

続きを読む