クラピア植えて21カ月 3月

クラピア植えて21カ月 3月 工房庭の緑化のためにクラピアK5を二年前の6月に植えてから3月末で21ヶ月(1年9ヶ月)となりました。 一旦暖かくなった3月は中旬ごろから下旬にかけて寒が戻りクラピアの復活もグッとスピードダウンしたようです。 昨年に比べると概ね一週間ほどその速度は遅れて全体としてはまだまだ黄緑っぽい状態です。 2月に追肥は行ったのですが今月に予定していた目土はまだ蒔けておらず、その機会は無くこのまま様子を見守ることになりそうです。 昨年とは違い今夏に備え3月は雑草取りに力を入れてきたので、雑草の無いかなり綺麗な状態で4月の緑の絨毯大復活を迎えられそうです。 近づいてみるとまだまだクラピアの葉はそろっっていません。 建物の下はかなり緑が濃ゆく十分ですが、これ以上は蒸れて一層下では枯れることがあるのでこの箇所はそろそろ刈り込みを行います。 【クラピアとは】維持管理を軽減するグランドカバープランツ「クラピア」とは日本在来のイワダレソウを改良した品種で、10年の歳月を掛けて宇都宮大学農学部雑草科学研究センターの倉持仁志講師が開発・改良し、日本で唯一農水省に品種登録がされているイワダレソウです。特徴1.土中深くに根を張り、土壌流出防止効果があります。2.増殖性に優れ、地表を密な被覆するため、雑草の繁殖を抑制します。3.在来種の多年生植物です。4.種子は作りません。また、開花期は5~10月です。5.芝生の様な刈り込み作業が殆んど必要ありません。6.耐踏圧性に優れ芝代替植物として、運動場…

続きを読む

クラピア植えて20カ月 2月  今季最初の追肥

クラピア植えて20カ月 2月  今季最初の追肥 工房庭の緑化のためにクラピアK5を植えてから2月末で20ヶ月(1年8ヶ月)となりました。 昨年までに全体の被服を終えてから冬に入り休眠状態でしたが、今月2月の中旬からは気温上昇により芽吹きが見られるようになりました。 遠目の写真では分かりにくいので近寄ってみると、鮮やかな緑の葉が所々に見えます。 疎らに見える白い点は今年初めての追肥した緩効性肥料の粒です。芽吹くこの時期にばら蒔いておくとクラピアも芽吹き易く肥料焼けしにくいようです。 近くのホームセンターにある1.3キログラム千円ちょっとの物を使いました。 しばらくしたらクラピアの被服が薄いところへ培養土などを土に混ぜたり目土を入れたりしようかと思います。 建物の下は緑の葉のまま越冬しましたが、その範囲も拡がり始めています。 さて、この時期はクラピアが冬枯れでペタッとしており、寒さも和らぎ虫もおらず庭の手入れには一番良い時期です。 クラピアの堅固な被服を突破し生えてくる雑草の駆除を時折頑張りました。 周知の通り雑草は種を付ける前に駆除するのが鉄則です。 こんなのや、(これは背丈が低いので摘まみにくく途中でちぎれて根が残りやすい) こんなのや、(名前がわからないこれは横に伸びてクラピアへの太陽を遮ります。意外と真下に伸びる根が深いため引き抜き時は慎重に) こんなのや、(スズメノカタビラ?メヒシバ?これは初期に駆除しないと写真のようにクラピアと絡まり根も広がっており引抜き難くな…

続きを読む