クラピア植えて180日 190日 200日 12月

工房庭の緑化のためにクラピアK5を植えて180日~200日が経ちました。 クラピアの様子の更新が11月末から滞り今回は12月一カ月間の様子を一気に掲載となりました。定植し広がったクラピアも師走になり冬の冷たい風が吹きつけ紅葉が益々進んでいますが、緑も斑に3割ほど残ったままの年越しです。 クラピア180日(12月3日) クラピア190日(12月13日) クラピア200日(12月23日) グランドカバーとしてクラピアのK5を6月に定植し始めてから半年が経緯し予定していた部分の被覆がほぼ完了し現在は休眠状態となりました。刈り込みも今年一度行ったこともありクラピアは地面に低く密に広く張り付きグランドカバー1年目の結果としては素晴らしいものとなったと思います。休眠状態で葉もやや少なくなったことで、定植準備時期に行った粗い整地の結果地面のデコボコが目立っています。目土入れと雑草取りを行い今年以上の緑の絨毯を来年見られるように休眠期の手入れして行きます。また、今年広がった個所の周辺に同面積以上の定植予定があるためこちらへの定植を合わせて来年のクラピアの予定とします。   【クラピアとは】維持管理を軽減するグランドカバープランツ「クラピア」とは日本在来のイワダレソウを改良した品種で、10年の歳月を掛けて宇都宮大学農学部雑草科学研究センターの倉持仁志講師が開発・改良し、日本で唯一農水省に品種登録がされているイワダレソウです。特徴1.土中深くに根を張り、土壌流出防止効果があります。2.増…

続きを読む