第53回霧島国分夏まつり

第53回霧島国分夏まつりが7月15日(土)と16日(日)の二日間にわたって開催されました。 祭り当日は天候も良くたくさんの出店もそれぞれ大盛況の様子でした。 国分小学校の子どもたちが参加した御輿行列も暑さを吹っ飛ばす元気で見事に完走しました。 また、大勢の参加者や実行委員さんの表情などを見て霧島国分は若く元気のある町だと改めて実感します。 恒例の国分寺御輿競争では自衛隊の一部のかたは九州北部で発生した水害への救援活動で残念ながら不参加でしたが、御輿競争の迫力で霧島市役所前の会場は大盛り上がりでした。         霧島国分夏まつりとは・・・ 霧島国分夏まつりは、毎年、海の日の前の(土)(日)2日間で開催されます。  1日目は、オープニングパレードから始まり、六千人もの踊り手で霧島市国分の街を埋め尽くします。 鹿児島県各地で祭りに欠かせない曲「おはら節・ハンヤ節・おじゃんせ霧島」に合わせ踊り連のみなさんが国分の街を盛り上げます。 2日目は、五千人もの参加者が「おいさ・おいさ」のかけ声で御輿を担ぎ、街をねり歩き、祭りの最後には迫力ある国分寺御輿競走で幕をおろします。 また、両日ともに各ステージで様々な趣向を凝らしたステージでのイベントや、ちびっ子広場、旭通りにはたくさんの楽しい美味しい出店が並びます。   詳しくは霧島国分夏まつりホームページをご覧ください↓ https://www.kirishima-koku…

続きを読む