クラピア モグラ対策2

クラピア復活 あれから1週間後の様子↓ 地上部のランナー(茎)と葉を食い荒らされた後、水やりは切らさず経過を見ていたところ一週間でここまで復活しました。 食べられて真ん中がスッポリ無くなっても根だけは生きていたため直ぐに新芽が顔を出し、その生命力に驚かされます。 クラピア食害 おいしく食べられた直後の様子↓ これだけ荒らされたのに。 モグラは他の花も被害がでるだろうしクラピア被覆後も荒らされる恐れが大なので追加対策としてこちらを購入しました。 モグラ対策にモグラ撃退器DS-152 音と振動で有効範囲300坪と有り余りそうなその威力で効果を期待します。 試しに必要な単一電池を4個装着したところ想像より大きなビープ音が鳴り響きびっくりしましたが、その分その効果を期待できそうです。 先日記述しましたモグラ忌避剤「モグレス」も限定的に効果はありましたが、潜んでいるモグラを庭から追い出さなければ被害を繰り返すばかりです。 梅雨時期は冠水の恐れもあるため一旦設置を見合わせて、梅雨が終わりそうなころに庭中央に設置することとします。 クラピアの強い生命力を再確認したことと、いつもクラピアについて参考にさせて頂いていますLcdDamさんのアドバイスもありm(__)m、その不足しているクラピア対策として挿し芽第2弾を準備しました。 モグラなどに食べられる量は限定的なので、クラピアの苗そのものを増やす物量作戦で目標となる緑の絨毯へと一歩近づけます。 物量と言っても手持ちの使える受け皿と9センチポット…

続きを読む