クラピアK5の挿し芽

クラピアK5の挿し芽に挑戦クラピアを増やすには種そのものが出来ない事もあり、「挿し芽」や「根伏せ」で増やします。植物の挿し芽を行うこと自体が初めてのガーデニング初心者である私であって、腐葉土?培養土ってなに?というところから今回の挑戦です。後者の「根伏せ」は情報を調べまてみますと、その成功率が少し悪いようです。そのため、少しでも成功率が高そうな「挿し芽」の方法を挑戦することにしました。挿し芽と呼ぶ方法だけにランナー(茎)から根が出ているものを選んで、全体として5センチほどになるように切れ味の良いハサミで摘み採り、それを挿し芽用のランナーとしました。ランナーが長いほど増殖速度も速いと思いますが、今回は9センチポットで作る前提のため5センチ程度としました。こちらの写真では割と長めの根(白い根っこ)がついていますが、実は後に根っこが1ミリでもあればちゃんと活着しました。なお、活着しない場合は3日経たずにしおれて変色してゆきますので、そのランナーと葉が3日後にピンピンしていれば挿し芽成功です。 挿し芽の準備として挿し芽ランナーを摘んだ直後に水へ浸し水分を十分に含ませてやります。なお、クラピアは驚くほどの生命力のためかこの工程を省略しても大丈夫でした。 今回は、培養土と培養土と挿し芽用土それから直接地植えの4っつの方法を試しました。【1.安い培養土】まず最初に100均で取り扱っている安い培養土で挿し芽を始めてみました。こちらはヤシの繊維が入ったとても軽く持ち運びの楽な土です。 ↓ 20日後 ↓約2倍ほ…

続きを読む

アオダモを植えました。

アオダモ植えました。木陰が欲しくてシマトネリコやオリーブやソヨゴなど色々と探していく中でアオダモを知り庭に植えました。アオダモとは雑木林風の庭造りに最適。近年、人気急上昇中の落葉樹。アオダモは近年、山に生えている樹木を利用した雑木林風の庭が盛んとなり、 脚光を浴びるようになりました。楚々とした株立ち仕立てに人気があります。 トネリコに似た涼しげな葉と煙のような白い花が咲き、秋の紅葉も楽しめます。 病害虫にも比較的強いです。またアオダモは良質な野球のバット材にもなる木です。 涼しげな新緑と幹に白く斑模様が入るのが美しいアオダモ。シンボルツリーにおすすめの1本です。とのこと。夏の鹿児島は大変暑く、その暑さに耐えられ乾燥にも強く手入れも初心者向きなので育てやすそうです。また、大きくなってくると幹にシラカバのような白い模様が現れ庭での存在感が期待できます。先ずは、庭植えする位置を決め穴を根の1.5倍くらいの深さに掘ります。丈が1メートル少しなので根も小さめですのでスコップですぐ掘りだせました。植える場所は水はけ日当たりが良い場所ですが、見ての通り砂利に囲まれたアオダモには過酷かも知れない場所でこの点は心配が残ります。 アオダモに良さそうな培養土を一袋ホームセンターにて用意します。近くのハンズマン国分店にて購入しました。 培養土を投入します。 アオダモを培養土の上に置き残った培養土で隙間を埋めて出来上がりです。小さな株立ちの木ですが青々とした涼しげな葉が風に揺ら…

続きを読む

掃海艇ながしま加治木港へ入港

掃海艇ながしま加治木港へ入港 海上自衛隊の掃海艇「ながしま」が加治木港へ入港し一般公開されました。掃海艇ながしまは「うわじま型」9番艇 MSC-680で排水量490トンとなっており水上捜索や機雷の除去を主な任務としており、震災においては宮城県で行方不明者の捜索を実施していました。近くでみると任務目的もあって割と小さい船に見えて小回りも利きそうです。本体塗装をよく見ると木造船である特徴として水平方向に木を合わせた線が無数見えました。後方甲板には機雷処分具と思われる黄色と白の楕円形器具やクレーンなどが積載していました。また、受付コーナーでは白い自衛官制服での記念撮影やパンフレットと缶バッチの無料配布もあり子供も大喜びです。 掃海艇「ながしま」加治木港入港 掃海艇「ながしま」後方から 天候も良く潮風が涼しい中での一般公開でした。 薩摩革工房ミカサレザー ミカサレザー ミカサレザー楽天市場店ミカサレザーヤフー店

続きを読む